低価格で注目のb-mobile Wifi

日本通信というドコモのMVNO事業者から発売されているのが、b-mobile WiFIという携帯無線LANルータです。
このワイファイルータの特徴は、SIMフリーであることと、低価格であること。
いろいろな割引やキャンペーンが入り乱れているため、ルータ本体の価格というのは実質いくらなのかわかりづらくなっていますが、日本通信のb-mobile WiFiはルータ価格が定価で19,800円となっています。

これは他社と比較した場合、機能的にも遜色がないのに低価格だと言えます。例えばイー・モバイルのPocket WiFiがルータの定価が39,580円なので約半額です。

また、SIMフリーということで、現時点で以下の3つのSIMカードが使えます。

1.b-mobileSIM
2.NTT DoCoMo FOMAカード
3.ソフトバンクモバイル

1のb-mobileSIMというのは、日本通信が提供するプリペイドタイプのSIMカードです。エリアはドコモ(FOMA)のエリアと同じなので、広い範囲で使えるのが特徴です。ただし、b-mobileSIMの場合は通信速度が他のSIMカードに比べて見劣りします(ベストエフォートで300k超)。ただしメールや通常のWeb閲覧程度であれば特に問題ないようです。速度で他の通信カードに見劣りする分、月額の利用料は低く抑えられているのも魅力です。

2のFOMAカードを利用する場合、通信エリアはNTT DoCoMoFOMAのサービスエリアになります。通信速度も下り最大7.2Mと十分な速度です。この場合NTT DoCoMoのデータ定額サービスを利用するのが月々の利用料を低く抑えるポイントですが、別途プロバイダに申し込む必要があります。

3のソフトバンクモバイルのSIMカードも一応使えるのですが、対応しているのは現時点で従量制のものだけで、定額制のカードには対応していません。ですので、使いすぎるとパケット費が膨大になり支払いが大変なので、現時点でソフトバンクのカードで利用することは考えない方が良いでしょう。エリアはソフトバンクモバイルのデータ通信エリアと同様です。

上記のうち2のDoCoMoと3のソフトバンクの通信カードを利用する場合、b-mobile WiFi設定ツールにて、APN、ユーザー名、パスワードなどを設定する必要があります。またこれらの情報は日本通信側では提供されていないため、ご自分で調べる必要があります。