ソフトバンクでモバイルワイファイ

ソフトバンクの回線を使ってモバイルWifiを楽しむ選択肢は、実はあまり多くありません。 しかも2010年7月現在、データ定額制はなく従量制での利用になります。
従量制での利用はパケ死(パケット代が支払い能力を超えるほど高額になり過ぎること)になる危険性をはらんでおり、現時点ではソフトバンクの回線にこだわってモバイルWifiを利用することはおすすめできません。
ただし、イー・モバイルのMVNOとしてイー・モバイル回線をつかった定額制とソフトバンクの従量制の併用が可能なプランが選択肢としてあります。
1.ソフトバンク版Pocket WiFi(C01HW)
※本当はSIMフリーのルータであれば、ソフトバンクモバイルのデータ通信カードも使えるはずですが、正式対応ではないうえにデータ定額プランが使えないため、選択肢からはずしました。 イー・モバイルの回線を借りて、自前のソフトバンク回線(従量制)と合わせ、SIMカード2枚で2つの回線を使い分けるタイプです。 イー・モバイル単体よりソフトバンクのエリアで使えるのでお得ですが、下手に使うと「パケ死」の元。注意が必要です。

【メリット】
・イー・モバイルとソフトバンクの両エリア対応
・都会ではつながりやすい

【デメリット】
・定額で対応するエリアが若干せまい(地方に弱い)
・慎重に使わないとパケ死の危険

■費用概算
<初期費用>
・特になし
<月額ランニング費用>
・ルータ割賦:400円
・通信費用:4,980円+ソフトバンクの従量分
・プロバイダ費用:525円

※月額通信費用は、「データ定額ボーナスパック」利用。
※ルータ料金は「月月割」利用。
【注意】この情報は2010年7月現在、管理人が独自に調査したものですが、最新かつ正確な情報については必ず公式サイトでご確認ください。