Pocket WiFiの特徴

Pocket WiFi(ポケットワイファイ)は、現在2つの会社から提供されています。 ひとつはイー・モバイルで、もうひとつはソフトバンクモバイルです。
もともとポケットワイファイは、イー・モバイルからサービス提供された携帯無線LANのサービスです。(厳密にはサービスというよりルータの名称ですが…)
これまでは、自宅の無線LANルータやマクドナルドなどのホットスポットでしか利用できなかった無線LANを、アクセスポイント(無線LAN親機)をモバイルデータ通信の無線状態で持ち歩けるようにしたことで、エリア内であれば、どこでもつながるという状態を実現しました。
サービス利用可能なエリアは、イー・モバイルのデータ通信が可能なエリアと同じです。 このイー・モバイルのこのサービスを使わせてもらうかたちで、ソフトバンクモバイルもPocket WiFiの名称でサービス提供をしています。
イー・モバイルのWiFiルータの型番は、D25HWです。 一方ソフトバンクのWiFiルータの型番は、C01HWです。
両者の違いは、ソフトバンクのC01HWの方で、イー・モバイルのエリアで利用可能な通信カードと、ソフトバンクモバイルのエリアで利用可能な通信カードの2つのカードを入れ替えて利用できる点です。
ただし、ソフトバンクのエリアで利用可能な通信カードには、定額制がありませんので、使った分だけパケット代がかかり、常時利用するには非現実的です。ソフトバンクのカードはあくまで緊急用として利用しましょう。